放射能検査の実施について

外部検査/事前検査について

各検査機関、農政部、自治体、JA経済連、生産団体より放射能物質汚染に関する農作物の安全検査結果を書面等で定期的に確認しております。

自社放射能検査実施について

私ども『かねやま』では放射能測定器を導入し、取り扱う主要産地農産物・加工原料についての放射能検査を実施し、安全性を確認しております。
又、外部様よりの委託分析もご依頼があれば検査いたします。
放射能濃度測定機 EMF211型ガンマスペクトロメータ
詳しくは、日本アイソトープ協会HPをご覧ください http://www.jrias.or.jp
放射能検出器
Nal(TI)シンチレーション検出器3×3
測定放射能物質
I-131,Cs-137,Cs-134,K-40
放射能測定方法
厚生労働省新基準に基づいたスクーニング法
検出限界値
5~10Bq/kg



放射能指導責任者:杉山 義文
 各部門責任者( 放射能検査 )
  卸事業部 : 八反田 真
  製造事業部: 植木 稔
  産地開発部: 末吉 翔

9月2日南日本新聞弊社掲載記事
9月2日南日本新聞弊社掲載記事



.